全国26店舗展開中

歯の色で印象はどれくらい変わる?白い歯は好印象のカギ!

更新日:2021年09月08日/ 公開日:2021年09月08日

みなさんはきれいな白い歯を見せて笑っている人に対してどのような印象を抱きますか?
きっと好印象を抱く人が多いと思います。

そこで今回は、歯のホワイトニングをすることで得られる様々なメリットについてご紹介します!

「どうやって歯の色を白くしたらいいんだろう?」という方のためにも、おすすめのホワイトニング方法や白い歯を維持するための秘訣などの情報も一緒にお届けします。

歯の色で印象はどれくらい変わる?白い歯は好印象のカギ!

歯の色を白くするとどんなメリットがあるの?

歯の色が白い人は良い第一印象を受けますよね。

実際に「メラビアンの法則」といって、人は初めて会った人の印象をわずか数秒で決めてしまうそうです。
また、人の顔のパーツの中で一番目に付きやすいのは口元だとも言われています。

初対面の人にも好印象を与える白い歯。

歯の色を白くすると他には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

ここからは、歯の色を白くすることのメリットについてご紹介していきます。

歯の色を白くするメリット①清潔感がある

白い歯は、清潔感ある印象を他人に与えます。

清潔感がある人は爽やか、可愛らしい、輝かしいというイメージがありますよね。

誰かと接する際には清潔感がある方が好印象なのは言うまでもありません。

もちろん、実際に口腔内を清潔に保つことにもつながってきます。
念入りに歯を磨くようになり、歯垢や歯石が溜まりにくくなるので虫歯や歯周病などの病気も防ぐ<ことができます。/p>

歯の色を白くするメリット②自信が持てる

歯の色が白いと大きく口を開けて喋ることに抵抗がなくなり、自信にもつながります。

自分の気持ちに余裕が生まれ、積極的にハキハキとコミュニケーションをとるようになるので、幅広い交友関係を築くことができることでしょう。

自信を持てるようになることで、より人生がポジティブな方へと好転していきます。

歯の色を白くするメリット③年齢より若く見える

白い歯の人は若々しく健康的に見られます。
やはり「歯の色が白い=若者」というイメージがあるからでしょうか。

黄色い歯の人が実年齢より3歳ほど老けて見えるのに対し、白い歯の人の方が5歳ほど若く見えるという調査結果もあるくらいです。

歯の色を白くするメリット④明るい印象になりモテる

白い歯は異性へ与える印象も抜群に良いと言えます。

なぜならきれいな歯を見せて思い切り笑う人は明るい性格の人が多いからです。

朗らかな性格で表情が豊かな人は一緒にいて楽しいと思えるため、その結果モテることにもつながるようです。

歯の色が黄ばんでしまう主な原因

では、どうして生まれたとき白いはずの歯はだんだん黄ばんでいってしまうのでしょうか?

ここでは人の歯の色が黄色くなる主な原因について解説していきます。

歯の色が黄ばむ原因①色の濃い飲食物による黄ばみ

カレーやキムチ、コーヒー、紅茶など色の濃い飲食物を日常的に口にすることで、ポリフェノールが唾液中のタンパク質と結びつき「ステイン」と呼ばれる汚れが歯に浸透していきます。

さらにアルコール類も一緒に摂取すると歯の表面が乾いてしまうので余計にステインが付着しやすくなってしまいます。

真っ白の洋服にこぼしたシミが洗っても落ちないのと同じような理由です。

歯の色が黄ばむ原因②喫煙による黄ばみ

喫煙する人はさらに歯の色が黄色くなってしまうことがあります。

タバコに含まれるいわゆるヤニ(タール)もステインによる着色汚れの原因となるからです。

ヤニは飲食物のステインよりも粘着質なので、そう簡単に落とすことはできないと言われています。

歯の色が黄ばむ原因③加齢による黄ばみ

年齢とともに歯の表面を覆っているエナメル質がすり減っていってしまうため、どんなに生活習慣に気を付けていても黄ばんでいってしまうことがあります。

もともと歯の内部には黄色みを帯びた色の「象牙質」があり、エナメル質がすり減っていくことでその象牙質の色が透けて見えてしまうからです。

また黄ばみとなる原因や、黄ばみを落とす対策方法など、詳しい内容はこちらの記事で紹介しているので気になる方はご覧ください。

▼ ▼ ▼
歯が茶色くなる原因と歯の黄ばみを落とす対策方法をご紹介!

歯の色を白くする方法&きれいな歯を保つ方法

歯のホワイトニングは良いこと尽くしだということはおわかりいただけたと思います。

次はおすすめのホワイトニング方法や、白い歯を維持していくために大切なことについてもご紹介します。

歯の色を白くする方法①ホワイトニングをする

初回限定キャンペーン

歯の着色汚れを落として白くする方法には歯科医院でのホワイトニングやサロンなどで行うセルフホワイトニングがあります。

おすすめは「ホワイトニングカフェ」で行うセルフホワイトニングです!

ホワイトニングと聞くと、

「歯にしみて痛そう」
「高額な治療費がかかりそう」
「色々な制限があって面倒くさそう」

などネガティブな印象をお持ちの方もいらっしゃると思います。

ホワイトニングカフェなら「痛みなし・リーズナブルな価格・食事制限の必要なし」で簡単にホワイトニングを行うことができます!

ホワイトニングカフェで使用しているホワイトニング溶液は安全性の高い無機化合物なので、施術中も施術後も全く痛みはなく歯にしみることもありません。

また1回¥4,980と非常にお手頃な価格ですし、一回の施術でもホワイトニング効果を得られる方もいらっしゃいます。

またホワイトニングカフェの溶液は歯をコーティングしてくれる作用もあるので施術後の食事制限や禁煙を求めることもございません。

デート前や飲み会の前でも気軽にお立ち寄りいただければきれいな歯でお食事を楽しめます!

お得な初回限定キャンペーン実施中!

歯の色を白くする方法②食後は口をゆすぐ

いくら色の濃い飲食物が歯の黄ばみの原因になるとはいえ、全くの飲まず食わずでいるということは不可能だと思います。

そこで効果的な方法が、食後に口をゆすぐことです。

歯にステインが完全に浸透してしまう前に出来る限り汚れを洗い流せます。

手間もあまりかかりませんし、食後のうがいを習慣化させるのとしないのとでは後々大きく違ってくるでしょう。

もちろん食事中にこまめに水を飲むことも有効です。

歯の色を白くする方法③ガムを噛む

ガムを噛むことで唾液の分泌が促され、歯の汚れを落としてくれる作用があります。

食後や間食してしまったあとに口をゆすぐことができなくても、代わりにガムを噛むことでもステインの付着を防いでくれるのです。

歯の色を白くする方法④定期的にメンテナンスをする

歯の黄ばみを落とすという意味でも、定期的に歯科医院で歯のクリーニングをしてもらったりセルフホワイトニングサロンでメンテナンスをすることも大切です。

セルフホワイトニングの「ホワイトニングカフェ」ならお得な回数券がございますので、手軽に定期的な歯のホワイトニングのメンテナンスを行うことができます!

「歯科医院に都度行くのは面倒…」という方でも、ホワイトニングカフェなら1回最短30分でセルフホワイトニングができるので、ぜひお仕事帰りや授業の空いた時間などちょっとした時間にお近くの店舗までお越しくださいませ!

歯の色を白くする方法⑤ホワイトニング歯磨き粉を使う

市販の歯磨き粉にも研磨剤が含まれていますが、つぶが大きすぎて歯を削りすぎてしまったり、歯周ポケットにつぶが入り込み歯周病の原因となることがあります。

しかしホワイトニング専用の歯磨き粉に含まれている研磨剤は歯に優しい成分なので、市販の普通の歯磨き粉で磨くより歯を白く保つことができます。

ホワイトニングカフェでは、ご自宅での歯のケア用に「”WHITENING CAFE home”歯磨き粉・トリートメント」も販売しております。

自然由来の成分で作られているので安心安全、天然の精油を使用した爽やかなローズマリーとレモングラスでお口の中をすっきりさせることができます!

ホワイトニングカフェ
公式オンラインショップは
コチラ!

歯の色を白くして好印象に!|まとめ

白く輝く歯は清潔感があり、若く見えますし、自信にもつながるので人に好印象を与えること間違いなしです。

また歯の黄ばみを防ぎ、歯の色を白く保つためにも食後のうがいやホワイトニング歯磨き粉を使った歯磨きを習慣的に行うようにしましょう。

ぜひこの機会にセルフホワイトニングの「ホワイトニングカフェ」で白い歯をゲットして明るく笑える幸せな毎日を送りませんか?

お得な初回限定キャンペーンはコチラ!

コラム監修:菊地ありさ
コラム監修:菊地ありさ

北海道歯科衛生士専門学校卒業

歯科衛生士として一般歯科に勤務したのち、
ワーキングホリデーでカナダの歯科クリニックで歯科助手も経験。

2020年7月〜ホワイトニングカフェ札幌駅前店に勤務。

店舗案内