全国45店舗展開中

歯が汚い原因とは?汚い歯を綺麗にするための対処法をご紹介

更新日:2022年12月26日/ 公開日:2022年12月14日

鏡に映る自分の姿や友達と撮った写真に写る笑った自分の姿を見て、「私って歯が汚いな…」と感じたことはないでしょうか?

1度気になると人前で歯を見せて笑うことに後ろ向きになってしまうケースもあり、楽しいときに思い切り楽しめないといったことにもなりかねません。

そこで今回は、歯が汚い原因にはどういったものが挙げられるのかという点に加えて、汚い歯を綺麗にするための対処法についてご紹介していきます。

歯が汚い

歯が汚い原因にはどんなものがある?

白い歯

歯が汚いことでお悩みの方は、どうして歯が汚く見えているのかという点をしっかりと考えたことはありますか??

人によっては歯並びの悪さが歯を汚く見せている原因の場合もあれば、歯並びの悪さに加えて歯が黄ばんでいるなど複数の原因が重なっている場合もあるでしょう。

まずは歯が汚い原因にどんなものがあるのかという点について、確認していきたいと思います。

歯が汚い原因①歯並びが悪い

汚い歯に見える原因の1つとして歯並びの悪さが挙げられますが、人によって前歯が全面に突出しているケースや歯が生えるスペースが狭く歯と歯が重なり合っているケースなど状態はさまざまです。

特に日本人は顎の奥行きが小さいタイプが多く、歯と歯が重なり合っていることやねじれた状態で生えることも珍しくありません。

歯が汚い原因②歯の形が悪い

歯並びの悪さ以外にも歯そのものの形が悪いと汚い歯に見えることがあり、虫歯や怪我によって欠けてしまった歯をそのまま放置していることが理由の1つです。

他にもストレスやかみ合わせが原因で歯ぎしりをしてしまい、歯が少しずつすり減って形が悪くなるケースもあります。

歯が汚い原因③歯が黄ばんでいる

たとえ歯並びや歯の形が綺麗だったとしても歯が黄ばんでいると汚れているように見えて、周囲にも不潔な印象を与えてしまいかねません。

歯の黄ばみは、毎日の食事や喫煙によって着色汚れが付着していることが原因として挙げられますが、他にも虫歯などが原因で歯が変色する場合も少なくないです。

汚い歯を綺麗にするための対処法について

ホワイトニングをする女性

ここまで汚い歯に見える原因として、歯並びや歯の形の悪さに加えて歯の黄ばみなどをご紹介しましたが、汚い歯を綺麗にするにはどうすればよいのでしょうか?

ここからは上記の原因に分けて、汚い歯を綺麗にするための対処法についてご紹介していきます。

歯並びが汚い場合の対処法|矯正治療

歯並びの悪さの対処法としては歯医者さんで受けられる矯正治療があり、かつては矯正に使用する金具が目立つことから抵抗のある方が多かったですが、最近ではクリアタイプや歯の裏側に装着するタイプなど目立たないブラケットも登場し治療を受ける方が増えました。

ブラケットを装着して歯に一定の力を加え続けることによって、時間をかけて少しずつ歯を移動させ歯並びを良くしていきます。

歯並びの程度によっては矯正治療ではなく被せ物を装着して短期間で歯並びを良くできる場合もあるため、どちらが良いのかという点は歯医者さんに相談するようにしましょう。

歯の形が汚い場合の対処法|セラミック治療

セラミック治療は天然歯に近い見た目をしたセラミック素材の被せ物をして、歯の形や色を綺麗に整えられる治療方法で歯医者さんで受けることが可能です。

セラミック治療の良い点は歯の形や色味をある程度自由に決めることができる点で、周囲の天然歯とも調和が取れた違和感のない仕上がりになります。

セラミック治療のメリット・デメリットなどについては、以下の記事で詳しく解説しているため気になる方は併せてお読みください。

歯の色が汚い場合の対処法|ホワイトニング

歯の黄ばみや着色汚れなどが原因で汚い歯に見えている場合は日頃の歯磨きなどを見直すことも大切ですが、セルフケアだけでなくホワイトニングも一緒に行うと良いです。

一般的なホワイトニングサロンでは食事や喫煙が原因で付着した着色汚れを落とすことができ、自然な歯の白さを取り戻すことができます。

白くなった歯は普通の生活を送る中で徐々に再び着色していくため、定期的にホワイトニングサロンに通ってメンテナンスを行うことや自宅でのケアをしっかりと行うことが大切です。

黄ばんで汚い歯を白くしたいならホワイトニングカフェ♪

歯の黄ばみを落としたいならホワイトニングカフェ!

黄ばみや着色汚れによって汚い歯に見えてしまっているのであれば、ぜひセルフホワイトニング専門店「ホワイトニングカフェ」をご利用ください。

ホワイトニングカフェでは歯の表面に付着した着色汚れを落として、歯本来の自然な白さを取り戻すことが可能です。

ここからはホワイトニングカフェでできることや、特徴についてご紹介していきます。

食事や喫煙による着色汚れを落とすことができる

ホワイトニングカフェのホワイトニングでは専用のホワイトニング溶液を塗布した歯にLEDライトを照射して、普段の食事や喫煙などによって付着した着色汚れを落とすことが可能です。

ホワイトニングに使用するホワイトニング溶液は国内の安全基準をクリアしたものを使っており、さまざまな食品や化粧品にも使われる成分を採用しているため歯や歯茎がしみる・痛むといったこともありません

またコーヒーなど着色しやすいものを我慢することや、日課となっている喫煙を控える必要もないため、ストレスフリーでご利用いただけるのもホワイトニングカフェの魅力の1つです。

ホームケアと併用すれば白くなった歯を長持ちさせられる

ホワイトニングによって白くなった歯は食事や喫煙によって再び着色してしまうため、白くなったあとも定期的にメンテナンスしていただくことで白い歯を維持できます。

またサロンケアだけでなくホームケアを併用することで、白くなった歯をより長持ちさせることができます。

ご自宅でのケアには、ホワイトニングカフェのオリジナルホームケア商品「WHITENING CAFE home」をご利用いただくのがおすすめです。

WHITENING CAFE homeの歯磨き粉の配合成分であるポリリン酸Naや、ヒドロキシアパタイトが歯の汚れやステインをしっかりと落としてツヤのある歯へと導いてくれます

歯を白くするだけでなく虫歯や口臭予防といった効果も期待できるため、使ってみたいという方はぜひ以下のページから商品詳細をご確認ください。

WHITENING CAFE homeの詳細はこちら

黄ばみの原因によっては歯医者さんにも相談しよう

ホワイトニングカフェのホワイトニングは、食事や喫煙が原因による歯の黄ばみ・着色汚れを落とす効果を期待できます。

まずはホワイトニングカフェで歯を白くして、もっと真っ白にしたいという場合は歯医者さんのホワイトニングを利用するのも1つの方法です。

また歯の変色の原因によってはホワイトニングカフェで対処できないケースもあるため、その場合は歯医者さんにも相談すると良いでしょう。

歯が汚い原因と汚い歯を綺麗にするための対処法まとめ

汚い歯に見える原因としては、主に以下の3つが挙げられます。

・歯並びが悪い
・歯の形が悪い
・歯が黄ばんでいる

それぞれの対処法として歯並びが悪い場合は矯正治療、歯の形が悪い場合はセラミック治療、歯が黄ばんでいる場合はホワイトニングなど原因に応じて適切な対処法が異なるため、まずは自分の歯が汚く見える原因が何なのか知ることが大切です。

人によっては汚く見える原因が1つとは限らないため、複数の治療法・対処法を並行して行わなければならない場合もあるでしょう。

もし食事や喫煙で歯が黄ばんでいることが原因で汚い歯に見えているのであれば、セルフホワイトニング専門店のホワイトニングカフェをご利用ください。

歯の表面に付着した着色汚れを落として歯本来の自然な白さを取り戻せることはもちろん、口臭・虫歯予防などの効果が期待できるホームケア商品も販売しています。

ホワイトニングカフェお近くの店舗はこちら

コラム監修:菊地ありさ
コラム監修:菊地ありさ

北海道歯科衛生士専門学校卒業

歯科衛生士として一般歯科に勤務したのち、
ワーキングホリデーでカナダの歯科クリニックで歯科助手も経験。

2020年7月〜ホワイトニングカフェ札幌駅前店に勤務。

店舗案内

歯ぴ太郎による歯の黄ばみ度診断
LINEで無料簡単1分歯の黄ばみ診断 新規のお客様限定初回分0円キャンペーン