全国42店舗展開中

ホワイトニング前後は歯磨きケアが大切!おすすめの歯ブラシもご紹介

更新日:2022年07月12日/ 公開日:2022年07月12日

歯を白くする方法としてホワイトニングが挙げられますが、ホワイトニング効果を高めたい場合や長続きさせたい場合はホワイトニング前後の歯磨きが大切です。

そこでこの記事では、ホワイトニング前後の歯磨きケアの重要なポイントや歯ブラシの選び方について解説していきます。

併せて、ホワイトニング前後の歯磨きにおすすめの歯ブラシについてもご紹介していきます。歯ブラシ選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

ホワイトニング前後は歯磨きケアが大切!おすすめの歯ブラシもご紹介

ホワイトニング前後の歯磨きケアの重要なポイント!

ポイント

ホワイトニングをすれば白くて清潔な歯を手に入れられますが、歯磨きの重要性を知っておけばホワイトニング効果や持続期間をアップさせることが可能です。

実際にホワイトニングカフェでも、ホワイトニングの前後には歯磨きを行なっていただいており、白い歯を目指すうえで歯磨きはとても重要になります。

では、ホワイトニング前後の歯磨きケアの重要なポイントとしては、どういったことが挙げられるのか確認していきましょう。

ホワイトニング前の歯磨きで効果アップを期待できる

ホワイトニングを行う前に歯磨きをして、歯表面に付着した歯垢や汚れを落とすことによってホワイトニング効果アップが期待できます。

ホワイトニングカフェのホワイトニングは歯表面の着色汚れを落として白い歯を目指す方法のため、ホワイトニング前の歯磨きでしっかりと汚れを落としておけばLEDライトが当たりやすくなり効果を実感しやすくなるというわけです。

ホワイトニング前の歯磨きでは、ホワイトニングカフェのオリジナルホームケア商品WHITENING CAFE homeの歯磨き粉を使用していただきます。

WHITENING CAFE home歯磨き粉

WHITENING CAFE homeトゥースペースト(歯磨き粉)はこちら

ホワイトニング後も仕上げの歯磨きをしよう

ホワイトニングカフェでは、ホワイトニング前の歯磨きが終わったらマウスオープナーを装着し、スプレー式のホワイトニング溶液を歯に吹きかけて8分間のLED照射を2回行います。

LED照射が完了したら、最後にもう1度WHITENING CAFE homeのマウストリートメントを使って仕上げの歯磨きを行いましょう。

マウストリートメントは、エナメル質の傷を修復して歯をツルツルにしてくれるため、傷に着色汚れが入り込むのを防ぐだけでなく虫歯や歯周病の予防効果も期待できます。

また、ホワイトニング後の仕上げの歯磨きはホワイトニングカフェに限らず、ホワイトニングの照射が終わった後は毎回行うことをおすすめします!

WHITENING CAFE homeトリートメント

WHITENING CAFE homeマウストリートメントはこちら

白い歯を維持するためには普段からのセルフケアも大切

できるだけ白い歯を維持するためには、ホワイトニング前後だけでなく普段からのセルフケアに力を入れることも大切です。

歯の着色は日々の食事などによって付着していきますが、しっかりと歯磨きを行なっていれば着色汚れが定着するのを防ぐことができます。

正しいオーラルケアや歯磨き方法については、以下の記事で詳しくご紹介しているため気になる方はぜひ参考にしてください。

ホワイトニング前後におすすめな歯ブラシの選び方

歯ブラシ

上述の通り、ホワイトニング前後の歯磨きは重要なのですがが、実は使用する歯ブラシによって汚れの落ち具合に大きな差があることをご存知でしょうか?

正しく歯磨きを行うだけでなく、自分に合った歯ブラシを使うことも同じくらい大切になるため、ここからは歯ブラシを選ぶ際のポイントについてご紹介していきます。

歯ブラシを選ぶポイント①毛の硬さ

歯ブラシの毛の硬さには、「やわらかめ」「ふつう」「かため」があり、それぞれに異なる特徴があるため自分に合った硬さが何か知ることが大切です。

「やわらかめ」は、歯や歯茎にやさしく細部まで毛先が届きやすい特徴を持っていますが、その分歯垢除去力が弱く歯垢を取り除くにはいつも以上に丁寧に磨く必要があります。

「ふつう」は、適度な硬さで磨きやすく歯垢も十分に取り除くことができるため、歯や歯茎に特に問題がない方におすすめです。

「かため」は、上記の2種類よりも歯垢を除去する力に長けていますが、力を入れて磨いてしまうと歯や歯茎を傷つける恐れがあるため優しく磨くことがポイントになります。

歯ブラシを選ぶポイント②毛の材質

歯ブラシに使われている毛の材質には、大きく分けて「人工毛」「自然毛」の2種類があり、さらに細分化すると人工毛はナイロンやPBTなど、自然毛は豚毛・馬毛・狸毛などです。

自然毛は歯や歯茎に優しいですが吸水性の高さから雑菌が繁殖しやすい特徴を持っているため、日々の衛生管理が非常に重要になります。

人工毛は吸水性が低く自然毛ほど雑菌が繁殖しづらく耐久性も高いため、迷ったときは人工毛を選ぶのがおすすめです。

歯ブラシを選ぶポイント③ヘッドの大きさ

実は歯ブラシによってヘッドの大きさが異なるのですが、適切な大きさのヘッドを見極めるポイントは「上の前歯2本分の大きさ」といわれています。

これより小さいサイズは「コンパクトヘッド」と呼ばれており、奥歯や歯並びが悪い箇所などを磨く場合におすすめな一方で、大きいサイズのヘッドよりも面積が小さく1度に磨ける範囲が限られているため丁寧に磨くことが大切です。

歯ブラシを選ぶポイント④毛先の形状

歯ブラシ選びをする際の重要なポイントとなるのが毛先の形状で、歯ブラシによって「フラットタイプ」「山形タイプ」の2種類に分けられます。

フラットタイプは、毛先の高さが平らに揃えられており力が均一に伝わるため、歯の表面や噛む面に付着した汚れを落とすのに最適です。

山形タイプは、毛先の高さを変えることで歯間に毛先がはまりやすく磨きやすいのが特徴ですが、人によって歯の形状が異なるため山形タイプだからといって自分の歯に合うとは言い切れません。

歯ブラシを選ぶポイント⑤毛先の種類

続いて、歯ブラシを選ぶときに確認するべき点として毛先の種類が挙げられ、毛先には「ラウンド毛」「超極細毛」の2種類があります。

ラウンド毛は、歯の表面を磨きやすくするために毛先が丸くカットされているのが特徴で、清掃効率が高くホワイトニング目的の方にもおすすめの種類です。

超極細毛は毛先が約0.02mmにカットされており、歯と歯の狭い隙間や歯周ポケットにも入るため隅々まで磨けますが、使い方を間違ってしまうと歯茎を傷つけることになりかねないため気をつけて磨かなければなりません。

歯ブラシを選ぶポイント⑥毛束の密度

最後にご紹介する歯ブラシの選び方のポイントは歯ブラシの毛束の密度で、歯ブラシによって毛束の密度が高いものと低いものがあります。

毛束の密度が高いと歯表面に触れる面積が広くなる分清掃効率がアップし、ツルツルとした磨き上がりになりやすいですが、毛の隙間に入り込んだ磨きカスなどが取れにくく乾燥しづらいため長く使っていると不衛生な状態になりやすいです。

そのため、毛束の密度が高い歯ブラシを使う場合は、磨いたあとにしっかりとすすいで乾燥させることを意識して早めのサイクルで交換するようにしましょう。

毛束の密度が低い歯ブラシに関しては毛が歯の細部や隙間に届きやすいですが、圧がかかりにくい分密度の高い歯ブラシと比べると清掃効率が落ちます

ホワイトニング前後の歯磨きにはhome イオン歯ブラシがおすすめ!

看護師さん

ここまで、ホワイトニング前後の歯磨きに使用する歯ブラシの選び方についてご紹介しましたが、市販の歯ブラシにはたくさんの商品があるためどれを選んだらいいのか分からないという方もいるでしょう。

ホワイトニング前後の歯磨きには、ぜひホワイトニングカフェオリジナルの「home イオン歯ブラシ」をお使いください!

ここからは、home イオン歯ブラシの特徴や魅力についてご紹介していきます。

握るだけで発生するマイナスイオンが効率良く歯垢を除去

home イオン歯ブラシは、内蔵されているリチウム電池から10〜50マイクロアンペアの微弱電流(マイナスイオン)が流れる仕組みになっており、そのマイナスイオンによって歯に付着した歯垢を効率的に除去することが可能です。

マイナスイオンは握るだけで発生するため、普段と同じように歯磨きするだけで普段以上に口内を清潔にすることができ複雑な操作や扱いが要りません。

歯ブラシを持つ手を水で濡らしておくとより効果的です♪

また、このイオン歯ブラシは市販の普通の手磨き用歯ブラシと比べて、歯垢除去率が1.5倍(約48%アップ)高くなるという結果が分かっているため確実に汚れを除去することができます。

WHITENING CAFE homeイオン歯ブラシ

WHITENING CAFE homeイオン歯ブラシはこちら

ホワイトニング効果も抜群!

home イオン歯ブラシはブラシ部分にホワイトニング効果が得られるように工夫が施されています!

ブラシの毛全体をラバーでコーティングしているため、歯磨きをした際にラバーの優しい摩擦で歯の表面に付着した着色汚れを落とし、歯本来の白さに近づけることが可能です。

home イオン歯ブラシのホワイトニング効果はなんと38%アップ♪

ホワイトニング効果のあるWHITENING CAFE home歯磨き粉と併用することでW効果が期待できます。

ホワイトニング歯磨き

WHITENING CAFE homeトゥースペースト(歯磨き粉)はこちら

マイナスイオンによって細菌が歯に付着しにくくなる

home イオン歯ブラシのすごいところは、ただ効率的に歯垢を除去するだけでなく細菌を歯に付着しにくくする効果があるというところです。

カルシウムはプラスの手を2本持っているのですが、片方の手でペクリル(マイナス)に吸着し、もう片方の手で細菌(マイナス)をキャッチし歯垢が歯に付着します。

しかし、イオン歯ブラシを使用することで歯ブラシから発生するマイナスイオンによってカルシウムの片方の手が塞がれ細菌が歯に付着しづらくなり、歯石・虫歯・歯周病予防にもつながるというわけです。

交換式ヘッドや1年以上の電池寿命で経済的に使える

市販の手磨き用歯ブラシは、種類にもよりますが定期的な交換が必要になります。

交換が必要な点はhome イオン歯ブラシも同じですが、基本的な交換は取り外し可能なヘッドパーツのみで良いためコストパフォーマンスが良いのも魅力の1つです。

本体の電池寿命に関しても1日15分使用した場合で1年以上持つため、長く使い続けることができ経済的となっています。

home イオン歯ブラシは、お近くのホワイトニングカフェの店舗もしくはオンラインストアでご購入いただけるため、気になる方はぜひ以下のページをご覧ください。

WHITENING CAFE homeイオン歯ブラシはこちら

ホワイトニング前後の歯磨きケアとおすすめの歯ブラシまとめ

ホワイトニング前後の歯磨きケアの重要性や、普段の歯磨きにお使いいただきたいWHITENING CAFE home イオン歯ブラシのおすすめポイントなどについてご紹介しました。

ホワイトニング前に歯磨きをすることでホワイトニング効果をアップさせることができ、さらにホワイトニング後にも仕上げとしてWHITENING CAFE homeのマウストリートメントを使って歯磨きすれば白い歯を維持できるだけでなく、口臭・虫歯・歯周病予防にもつながります。

①毛の硬さ
②毛の材質
③ヘッドの大きさ
④毛先の形状
⑤毛先の種類
⑥毛束の密度

歯ブラシ選びのポイントとして上記の6つをご紹介しましたが、たくさんの歯ブラシが販売されていてどれを選べばいいか分からないという方は、ぜひWHITENING CAFE homeのイオン歯ブラシをお試しください。

マイナスイオンの力で効率的に歯垢を除去し白い歯を実現するだけでなく、細菌を付着しにくくして口臭・虫歯・歯周病などを予防する効果も期待できます。

商品について気になる方やホワイトニングを検討している方は、ぜひホワイトニングカフェにお気軽にご相談ください。

初回分限定0円キャンペーン詳細はこちら♪

コラム監修:菊地ありさ
コラム監修:菊地ありさ

北海道歯科衛生士専門学校卒業

歯科衛生士として一般歯科に勤務したのち、
ワーキングホリデーでカナダの歯科クリニックで歯科助手も経験。

2020年7月〜ホワイトニングカフェ札幌駅前店に勤務。

店舗案内

歯ぴ太郎による歯の黄ばみ度診断
LINEで無料簡単1分歯の黄ばみ診断 新規のお客様限定初回分0円キャンペーン