全国43店舗展開中

ホワイトニングをしている30代は好印象!黄ばんだ歯を白くしよう

更新日:2022年08月29日/ 公開日:2022年08月29日

みなさんの中には数年前まで気にならなかったのに、30代に差し掛かってから歯の黄ばみが気になるようになったという方もいるのではないでしょうか?

ホワイトニングをしている方に対して好印象を抱きやすいという調査結果も出ているため、歯の黄ばみが気になる30代の方はホワイトニングがおすすめです。

そこでこの記事では、ホワイトニングをしている30代に抱く印象や歯の黄ばみの原因、歯の黄ばみの対処方法などについてご紹介していきます。

ホワイトニングをしている30代は好印象!黄ばんだ歯を白くしよう

ホワイトニングをしている30代に抱く印象とは?

ホワイトニングをしている30代に抱く印象とは?

どんな人に好感を抱きやすいかと聞かれたとき、「清潔感のある人」と答える方は多いと思いますが、この清潔感は服装・髪型・歯の色・立ち居振る舞いなどさまざまな要素が影響するものです。

人によっては脱毛やスキンケアの他にも歯列矯正やダイエットなどをして、清潔感が出るように努力する方もいますが、中でもホワイトニングをしている方に対しては好感を持つ方が多い傾向にあります。

まずはホワイトニングをしている30代に対して、具体的にどういった印象が抱かれやすいのかといったことについてお話していきたいと思います。

ホワイトニングをしている30代は好印象

ホワイトニングをしている方に対しては、男女ともに好印象を抱くケースが多いことが分かっており、アンケート対象の約550人のうち約4割の方が好感を持つと答えました。

ホワイトニングを行うことで歯が白くなれば、清潔感のある印象を与えられるだけでなく顔全体の印象が明るく見えるなど、ポジティブなイメージが多いことも好感を持たれやすい理由の1つといえるでしょう。

白い歯の人は他人から好感を持たれやすい

ホワイトニング自体にポジティブなイメージを持っている方が多いことが分かりましたが、実際にホワイトニングによって得られる恩恵というのもたくさんあります。

上述したように歯を白くすることで清潔感を演出できる点や、顔全体の印象が明るく見えるといったことの他にも「笑顔が素敵に見える・仕事ができそう・モテそう」など他人から好感を持たれやすいようです。

以下の記事では、白い歯が人に与える印象や好印象を与える口元の条件などについて解説しています。気になる方は、併せてご一読ください。

ホワイトニングを始める20〜30代は5,6人に1人

約550人を対象としたアンケート調査によると、およそ8割の方がホワイトニングをしたことがないと回答しており、ホワイトニングを始める20〜30代は5,6人に1人となっています。

ホワイトニング経験者は2割程度と数字的にはまだ少ないですが、最近ではホワイトニングサロンも増えてきており今後は利用者も増えていく可能性が高いでしょう。

今のうちにホワイトニングを始めておけば、印象の面で周囲の方と差をつけやすいだけでなく、サロンの予約なども比較的取りやすいかもしれません。

30代で歯が黄ばみ始める?歯の黄ばみの原因とは

30代で歯が黄ばみ始める?歯の黄ばみの原因とは

みなさんの中には、30代になってから歯の色が気になるようになったという方もいると思いますが、そもそも歯が黄ばむ原因としてはどういったことが挙げられるのでしょうか?

歯が黄ばむ原因にはさまざまなものがありますが、その中でもよく言われている原因として以下のようなものが挙げられます。

①食事や喫煙習慣による歯の着色
②加齢に伴って象牙質が透けてくる
③テトラサイクリン系抗生物質の服用

ここからは、それぞれの歯が黄ばむ原因について解説していきます。

原因①食事や喫煙習慣による歯の着色

普段から口にしている食べ物や飲み物の中には、歯の着色につながりやすい成分を含むものがたくさんあり、日常的にそういったものをよく口にしていると次第に歯が黄ばんでいきます。

着色しやすい飲食物としては、カレーライス・チョコレート・赤ワイン・コーヒー・紅茶などが挙げられますが、この他にも豆腐や青バナナなど意外な食べ物もあるため注意が必要です。

さらにタバコに含まれるタールは、歯にこびりつきやすく歯を黄ばませる原因につながるため、喫煙習慣のある方は特に日頃のケアが大切になってきます。

原因②加齢に伴って象牙質が透けてくる

日頃の食事や喫煙習慣によって歯に着色汚れが蓄積されて歯が黄ばんで見えるため、年齢を重ねた30代頃から歯の黄ばみが気になり始める方は少なくありません。

また加齢に伴って歯が黄ばむのは他にも原因があり、食事やお菓子などを食べることで次第に歯のエナメル質が溶けて、エナメル質の下にある象牙質が透けて見えるようになることがあります。

この象牙質はもともと茶色っぽい色をしているため、透けて見えることで歯の色が黄ばんでいるように見えるというわけです。

原因③テトラサイクリン系抗生物質の服用

上記の原因以外にも、幼少期にテトラサイクリン系の抗生物質を服用していると歯が黄ばむことがあると言われています。

テトラサイクリン系抗生物質は、マイコプラズマ肺炎などにかかった際に服用する抗生物質のことで、重度の場合は歯の色がグレーっぽい色になることもあるようです。

テトラサイクリン歯や改善方法について知りたい方は、以下の記事も併せてお読みください。

歯の黄ばみが気になる30代はホワイトニングがおすすめ!

歯の黄ばみが気になる30代はホワイトニングがおすすめ!

30代になって歯の黄ばみが気になり始めたら、ホワイトニングで歯を白くすることをおすすめします。

普段の食事などが原因の場合は、歯表面の着色汚れを落とすケアを行うホワイトニングカフェをご利用いただければ、清潔感のある歯本来の白さを取り戻すことが可能です。

ここからは、ホワイトニングカフェで行うケアの特徴やメリットなどについて解説していきます。

歯表面の着色汚れにはホワイトニングが効果的

ホワイトニングカフェのホワイトニングは、歯表面の着色汚れを落として歯本来の白さを取り戻す方法のため、自然な歯の色を手に入れることができます。

またホワイトニングカフェをご利用いただくメリットとしては、ホワイトニング後の食事制限や禁煙が要らない点となっており、ストレスフリーで白い歯を目指すことが可能です。

さらにホワイトニングには、食品や化粧品などに使われている安全性の高い成分を使ったホワイトニング溶液を採用しているため、痛みがなく安心してご利用いただけます

ケアを見直して健康なエナメル質を健康に保とう

ホワイトニングカフェでは、サロンケアと一緒にホームケアを行うことを推奨しており、オリジナルのホームケア商品も多数ご用意している点が強みの1つです。

ホワイトニングカフェオリジナルホームケア商品「WHITENING CAFE home」シリーズの歯磨き粉やトゥーストリートメントなどをご利用いただくことで、歯を白くするだけでなく虫歯・歯周病・口臭予防にもつながります。

さらに傷ついたエナメル質を修復して着色しづらくすることができ、つるつるとしたキレイな歯を目指せるためホームケア商品が気になる方はサロンスタッフにお気軽にご相談ください。

WHITENING CAFE homeはコチラから!

ホワイトニングカフェは30代からでも気軽に始めやすい

ホワイトニングカフェでは、初回時のみカウンセリングを行うため1時間ほどのお時間をいただいておりますが、2回目以降は約30分とスピーディーにケアを行えます

そのため、何かとお仕事が忙しくなり始める30代の方でも気軽に通うことができるだけでなく、インターネットから24時間いつでも予約可能で当日予約にも対応している点も嬉しいところです。

近くのホワイトニングカフェを検索する

ホワイトニングが与える30代の印象や歯の黄ばみの原因まとめ

30代という年代は、職場で上司と部下・先輩と後輩の間に立つことも多く、取引先も含めてたくさんの方と関わるケースが増えていきます。

そのとき歯が黄ばんでいるとマイナスな印象を与えてしまう恐れがあるため、好感を持たれやすいようにホワイトニングをして歯を白くするのがおすすめです。

歯を白くすれば清潔感のある印象や顔全体の印象が明るくなるだけでなく、笑顔が素敵に見える・仕事ができそうといったメリットがたくさんあります。

歯の黄ばみが気になるようになったと感じている30代の方は、ぜひこの機会にお近くのホワイトニングカフェをご利用ください。

コラム監修:菊地ありさ
コラム監修:菊地ありさ

北海道歯科衛生士専門学校卒業

歯科衛生士として一般歯科に勤務したのち、
ワーキングホリデーでカナダの歯科クリニックで歯科助手も経験。

2020年7月〜ホワイトニングカフェ札幌駅前店に勤務。

1.

店舗案内

歯ぴ太郎による歯の黄ばみ度診断
LINEで無料簡単1分歯の黄ばみ診断 新規のお客様限定初回分0円キャンペーン