全国30店舗展開中

歯を綺麗にする方法とは?汚れの原因を知って白い歯を手に入れよう

更新日:2021年11月02日/ 公開日:2021年11月02日

みなさんの中には最近、歯の黄ばみや汚れが気になっているという方もいるのではないでしょうか。

歯を綺麗にするためには、歯医者さんでホワイトニングを受ける方法がありますが、歯医者さんで施術を受けるとなるとコストがかかりそうですよね。

しかし歯を白くする方法は、歯医者さんのホワイトニングだけではありません

そこで今回は、歯が汚く見える原因と歯を綺麗にする方法についてご紹介していきます。

歯を綺麗にする方法とは?汚れの原因を知って白い歯を手に入れよう

歯が汚く見える原因とは?

歯の綺麗さ

毎日きちんと歯磨きをしているにも関わらず歯が汚く見えるのは、一体どういった原因があるのでしょうか。

歯が汚く見える原因にはさまざまなことが考えられますが、主な原因としては以下のようなものが挙げられます。

①歯に着色汚れが付着している
②詰め物や被せ物の色が歯と合っていない
③虫歯が進行して歯が黒ずんでいる

他にも歯が汚く見える原因としては、歯並びや歯の形そのものが歪んでいることなども挙げられますが、ここでは「歯の色」にフォーカスをあててその原因について確認していきましょう。

歯が汚く見える原因①歯に着色汚れが付着している

歯が汚く見える原因の1つに「着色汚れが付着している」ことが挙げられます。

コーヒーや紅茶・お茶をはじめ赤ワインやカレーなどのステインが歯に付着することによって歯が黄ばんで見えたり、タバコを吸うことでヤニが歯に付着して汚く見えるようになります。

こうしたステインの元になる食べ物を口にしたあとすぐに歯磨きをすれば着色汚れを取り除くことは可能ですが、時間が経ったり磨き残しがあるとしつこい汚れになり取りづらくなるため注意が必要です。

歯が汚く見える原因②詰め物や被せ物の色が歯と合っていない

虫歯治療などで使用される詰め物や被せ物の素材によっては周囲の歯の色と合わず目立ってしまい、汚く見えることがあります。

また詰め物や被せ物は時間が経つにつれて少しずつ着色するケースがあるため、施術をした頃は気にならなくても経年劣化によって黄ばみが生じて歯が汚く見えることも少なくありません。

歯が汚く見える原因③虫歯が進行して歯が黒ずんでいる

虫歯が進行すると虫歯菌が歯の神経にまで達して神経が死んでしまうことがあるのですが、神経が死んだ歯は血液などが巡らなくなって代謝が落ちるため黒ずみを引き起こします

虫歯だけでなく歯に強い衝撃が生じた場合や虫歯治療で歯の神経を抜いた場合も神経が死んだ(神経がない)状態ですので、歯が黒ずんで汚く見える原因になるでしょう。

歯の着色汚れが付着する原因と自分でもできる落とし方については、こちらの記事をご覧ください♪

歯を綺麗にする方法は大きく分けて3種類

ホワイトニンググッズ

歯が汚く見える原因には「ステイン」「詰め物・被せ物の変色」「虫歯」などがあることが分かりましたが、歯を綺麗にするにはどうすれば良いのでしょうか。

歯を綺麗にする方法としては、大きく分けて以下の3種類があります。

①歯医者さんのホワイトニング
②サロンのセルフホワイトニング
③自宅でのセルフケア

では、それぞれの方法にはどういった特徴があるのか解説していきます。

歯を綺麗にする方法①歯医者さんのホワイトニング

「歯を綺麗にする・白くする」といったときに、まず頭に浮かぶのが歯医者さんのホワイトニングではないでしょうか。

歯医者さんのホワイトニングは、薬品を歯に塗布し光を当てることで歯の内部の着色汚れを除去していく方法で、強力な薬品を使用するため1回でも高い効果を期待できます。

しかし、歯医者さんのホワイトニングは自由診療となるため費用がかかってしまう点と、強力な薬品を使用するため施術時に痛みが生じるというデメリットがあります。

歯を綺麗にする方法②サロンのセルフホワイトニング

ホワイトニングと聞くと歯医者さんのイメージが強いかと思いますが、最近ではセルフホワイトニングができるホワイトニングサロンも増えています。

ホワイトニングサロンは、スタッフの説明を受けながら自分でホワイトニングケアを行う方法で、コーヒーや紅茶・お茶、赤ワインやカレーなどの歯の表面の着色を落とすので痛みもなく、料金も安価です。

歯そのものを白くするというよりは、本来の色に戻したい・歯を綺麗にしたいという方におすすめの方法です。

歯を綺麗にする方法③自宅でのセルフケア

汚れの程度によっては、歯医者さんやサロンに通わなくてもセルフケアで歯を綺麗にすることができる場合もあります。

ホワイトニングや着色汚れを落とすのに特化した市販のグッズを利用することで、歯に付着した汚れを落としたり歯を白くすることが可能です。

【セルフケアできる市販のホワイトニンググッズ】
・ホワイトニング用歯磨き粉
・歯専用のマニキュア
・歯の消しゴム
・重曹
・ホワイトニングペン

セルフケアできる市販のホワイトニンググッズは、インターネット通販やドラッグストアなどで気軽に手に入れることができますが、効果が薄かったり一時的な対策にしかならなかったりすることもあります。

自宅で歯を綺麗にするときのポイント

白い歯

歯医者さんやサロンのホワイトニングを利用する前に、まずは自宅でのセルフケアで歯を綺麗にしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

自宅で歯を綺麗にするときのポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

①白くなった歯を維持させることを意識する
②研磨剤入りの歯磨き粉を使用する際は注意する

この2つのポイントについてご紹介していきますので、自宅でのセルフケアを実践する際の参考にしてみてください。

ポイント①白くなった歯を維持させることを意識する

いろんなホワイトニンググッズを使ってセルフケアをしても、毎日コーヒーを飲んだりタバコを吸ったりしていると、せっかく綺麗になった歯に再び黄ばみが生じてしまうかもしれません。

とはいえ、習慣化したものをやめるのは簡単ではありませんので、コーヒーや紅茶を飲んだあとはすぐに水で口をゆすいで対策するなど、白くなった歯を維持できるように心がけるのが大切です。

この他にも歯の表面が傷つくと着色しやすくなってしまいますので、力任せにゴシゴシと磨かないようにするなど普段のケアや生活習慣にも意識を向けるようにしましょう。

ポイント②研磨剤入りの歯磨き粉を使用する際は注意する

研磨剤入りの歯磨き粉は、歯の表面に付着した汚れや着色を落とすのに有効ですが、製品によっては質の悪い研磨剤が入っていることもあるため使用する際に注意が必要です。

質の悪い研磨剤が入った歯磨き粉を使ってゴシゴシと強く磨いてしまうと、歯の表面が傷ついて汚れが付着しやすくなるだけでなく、知覚過敏症を引き起こす原因にもなります。

コストを抑えて歯を綺麗にするならセルフホワイトニングがおすすめ

初回限定キャンペーン

セルフケアは手軽に始められる一方で、正しい方法で行わなければ逆効果になることもあるので、できれば歯医者さんやサロンに足を運んでホワイトニングするのがおすすめです。

歯の内部の着色を落としたい方は、歯医者さんのホワイトニングを推奨します。

一方で歯の表面に付着した汚れを落としたい方や、市販のホワイトニング商品で効果を感じられなかった方は、サロンのセルフホワイトニングを利用してみてはいかがでしょうか

ここからは、サロンで受けるセルフホワイトニングのおすすめポイントについて解説していきます。

おすすめポイント①歯医者さんのホワイトニングよりも安価

サロンのセルフホワイトニングのメリットとしては、まず歯医者さんのホワイトニングと比べて費用を抑えて利用できる点です。

セルフホワイトニングは5,000円前後に設定しているところが多く、サロンによってはキャンペーンを実施しているところもあります。

セルフホワイトニング専門サロンのホワイトニングカフェでは、初めての方限定でWホワイトニング1回分4,980円が0円になるキャンペーンを実施中です。

「できるだけコストを抑えて歯を綺麗にしたい」「初めてホワイトニングをする」という方は、ぜひこの機会にホワイトニングカフェをご利用ください!

お得な初回限定キャンペーンはコチラ!

おすすめポイント②痛くないから気軽に始められる

歯医者さんで受けられるホワイトニングは強力な薬剤を使用するため、高い効果が期待できますが、その分施術時に多少の痛みを感じることがあるので、どれだけ歯を白くしたいと言っても痛みに敏感な方にとって歯医者さんのホワイトニングはハードルが高く感じる方もいるのではないでしょうか。

その点、サロンのセルフホワイトニングの薬剤は、あくまで汚れを落とすケアとなるため、安全性が高く痛みもないものが使われており、食品などにも使用されているものが原料となっているので歯へのダメージや痛みもありません。

おすすめポイント③食事制限がないから我慢しなくても大丈夫

一般的にホワイトニングの施術中は着色しやすいコーヒーやタバコはできるだけ控えたほうが良いとされていますが、ホワイトニングカフェのホワイトニングは特に食事制限がありません

普段から着色しやすい食べ物をよく食べるという方や、タバコを吸うという方も、サロンでのケアと自宅でのケアを行うことで歯の白さをキープできるので日課のコーヒーやタバコを我慢するというストレスなく利用できます

歯を綺麗にする・白くする方法まとめ

今回は歯が汚く見える原因と歯を綺麗にする方法についてご紹介しました。

歯が汚く見える原因としては、「歯に着色汚れが付着している」「詰め物や被せ物の色が歯と合っていない」「虫歯が進行して歯が黒ずんでいる」といったものが挙げられます。

着色汚れが原因で歯が汚く見えている場合は、歯医者さんやサロンでホワイトニングをしたり自宅でのセルフケアによって解消できる可能性があります。

歯医者さんで行うホワイトニングは、着色汚れを分解して歯を白くしてくれる「過酸化尿素」という歯医者さんでしか使えない薬剤を含んだお薬を使うので保険対象外となり、費用が高くなってしまうので、できるだけコストを抑えて歯を綺麗にしたいという方はサロンのセルフホワイトニングがおすすめです。

「歯が汚く見えて悩んでいる」「ホワイトニングしようか迷っている」という方は、ぜひサロンでセルフホワイトニングを利用してみてはいかがでしょうか?

初めてのホワイトニングならホワイトニングカフェで♪

サロンのセルフホワイトニングを利用したいと考えている方は、ぜひセルフホワイトニング専門のホワイトニングカフェをご利用ください!

ホワイトニングカフェのホワイトニングは、「低価格」「痛くない」「食事制限がない」といった点が魅力となっており多くの方に利用いただいています。

・ホワイトニングしたいけど費用が高い
・歯医者さんのホワイトニングは痛くて続かなかった
・食事などで我慢しなきゃいけないのは辛い

このような方でもホワイトニングカフェなら気軽にご利用いただけますので、この機会にぜひお近くの店舗へお越しください!

お近くの店舗を検索!

店舗案内