全国43店舗展開中

マウスウォッシュは口臭予防に効果的?使用のタイミングや選び方

更新日:2022年04月05日/ 公開日:2022年04月05日

みなさんの中には「マウスウォッシュは口臭予防に効果があるの?」と疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

主に歯磨きの仕上げとして使用されることの多いマウスウォッシュですが、「口臭予防」を目的に選ぶならどのようなものが良いのか気になりますよね。

そこで今回は、口臭予防におすすめのマウスウォッシュの種類や使用のタイミング・選び方についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

マウスウォッシュは口臭予防に効果的?使用のタイミングや選び方

口臭予防に効果的なマウスウォッシュは2種類

2種類のマウスウォッシュ

スーパーやドラックストアのデンタルコーナーに行くと、各メーカーから販売された様々なマウスウォッシュが販売されていて「一体どれを選べば良いのか分からない」と迷ってしまう方は少なくありません。

市販のマウスウォッシュは大きく、お口をすすぐだけで簡単にケアできる「洗口液(マウスウォッシュ)」タイプと、ブラッシングをすることで効果を発揮する「液体歯磨(デンタルリンス)」の2種類に分類され、いずれも手軽かつ短時間でお口の汚れや臭いをケアできる便利なアイテムとなっています。

洗口液と液体歯磨のパッケージは非常によく似ているため、見分けがつかない場合は製品の裏面の記載を確認してみてください。

種類|①すすぐだけ「洗口液(マウスウォッシュ)」

初めにご紹介する「洗口液」は、別名「マウスウォッシュ」「オーラルリンス」とも呼ばれ、液体を口に含み軽くすすぐだけでオーラルケアができる製品です。

1本カバンの中に忍ばせておけば、口臭が気になったタイミングでサッと使えるため、歯磨きができない状況でも活躍してくれます。

各メーカーから携帯に便利なミニボトルタイプのものも多く販売されているため、持ち運びにも便利なアイテムだと言えます。

種類|②毎日のブラッシングと一緒に「液体歯磨(デンタルリンス)」

続いてご紹介する「液体歯磨」は、別名「デンタルリンス」とも呼ばれるブランシングによって効果を発揮するオーラルケア製品です。

「口をすすいだ後にブラッシングをする」タイプや「口に含んだ状態でブラッシングをする」タイプなど、メーカーによって使用方法は異なるものの、共通しているのは「歯ブラシと一緒に使用する」という点です。

一般的な練り歯磨き粉に含まれている研磨剤が配合されていないため、歯を傷つけることなく虫歯や口臭を予防できるといったメリットもあります。

【口臭予防】マウスウォッシュを使うタイミング

鮮やかなご飯

マウスウォッシュは、いつどのようなタイミングで使うと「口臭予防」に効果を発揮してくれるのでしょうか?

ここでは、マウスウォッシュを使うおすすめのタイミングについてご紹介します。

タイミング|①昼食後歯磨きができない時の口臭予防に

オフィスで働いている方の中には「ランチ後にすぐに会議があって歯磨きに時間をかけられない」という方も多いはずです。

口臭対策として有名なキシリトール入りのガムも、デスクワーク中や会議中に噛むわけにはいきませんよね。

そんな時に役立つのがマウスウォッシュです!お昼休憩の最後に短時間でお口の中を手軽に洗浄できるマウスウォッシュを使ってみませんか?

お口の中がスッキリすれば、眠気も吹き飛び午後からの仕事も一層はかどるはずです。

タイミング|②お出掛け前の口臭予防に

友人とのお出かけや気になる人とのデートなど、人と会う前の口臭予防にもマウスウォッシュが効果的です。

どれだけ髪型や服装がオシャレに決まっていても、口臭が強いと不潔な印象を与えてしまいます。

特に長時間マスクをつけているとお口の中が乾燥し口臭も強くなりやすいため、お出かけの前には積極的にマウスウォッシュを活用してみてください。

③妊娠中つわりがひどくて歯磨きができない時に

ホルモンバランスが乱れやすい妊娠中は、唾液の分泌量が減少し口臭も強くなりやすいと言われています。

加えて、食べカスや歯周病菌がお口の中に止まることによって歯周病になるリスクも高まったり、さらには妊娠時の歯科トラブルがお腹の中の赤ちゃんにも影響を与えたりする恐れもあります。

とはいえ、つわりによって歯磨き粉の味が受け付けなくなったり歯ブラシを口に入れることすらも辛いと感じたりする方も少なくありません。

マウスウォッシュは、口臭予防はもちろんのこと虫歯や歯周病予防にも効果的なオーラルケアアイテムです。

歯ブラシを口に入れることが辛い場合は口をすすぐだけの「洗口液」タイプを、より細かい歯と歯の間の細菌予防には「液体歯磨」タイプを選んでみてください。

口臭予防対策におすすめのマウスウォッシュの選び方

which one are you ganna choose? a or b?

それでは最後に、口臭予防対策におすすめのマウスウォッシュの選び方についてご案内します。

マウスウォッシュの選び方のポイントは、次の2つです。

・目的や効果にあわせて選ぶ
・香りや刺激など使用感選ぶ

それぞれ順番に解説していきますので、ご自身のニーズに合った製品を選ぶ参考にしてみてください。

選び方|①目的や効果にあわせてマウスウォッシュを選ぶ

せっかくマウスウォッシュを使うなら、使用の目的や効果によって選んでみませんか?

記事の冒頭で、マウスウォッシュには製品単体で使用できる「洗口液」タイプと歯ブラシと一緒に使用する「液体歯磨」タイプの2種類があるとお伝えしましたが、口臭予防を目的とするならどちらを選んでも問題ありません。

なお、医薬部外品の表示があるものに関しては配合されている薬用成分に応じて期待できる効果が異なるため、購入の前にはパッケージの表示や裏面の成分表を確認しておくと安心です。

例えば、マウスウォッシュを使用する目的が口臭予防である場合は、口臭原因菌を殺菌する「CPC(塩化セチルピリジニウム)」「二酸化塩素」などが含まれた製品を選ぶと良いでしょう。

口臭予防よりも虫歯や歯周病予防を重視する方には、虫歯の原因菌を防ぐ「キシリトール」や歯垢を分解する酵素である「デキストラナーゼ」と呼ばれる成分に着目してみてください。

選び方|②香りや刺激・使用感でマウスウォッシュを選ぶ

口に入れた時の香りや刺激感など使用感が好みのマウスウォッシュを選べば、毎日のオーラルケアがもっと楽しくなるはずです。

お子さまと一緒に使用したい方や口内炎などお口にトラブルを抱えている方は、ノンアルコールタイプやオーガニックタイプなどできるだけ刺激の少ないマウスウォッシュを選ぶと良いでしょう。

毎日のケアにマウスウォッシュを取り入れて口臭を予防しよう!|まとめ

今回は口臭予防におすすめのマウスウォッシュの種類や使用のタイミング・選び方について解説しました。

「食後の歯磨きができない」「口臭が気になる」そんなお悩みの背景には、「昼休憩が十分に確保できない」「妊娠中で歯磨きが辛い」「長期に渡るマスク生活でお口の中が乾く」などさまざまな要因が隠れているためマウスウォッシュはご自身の生活スタイルやお悩みに合わせて選ぶことが大切です。

また、アルコールが含まれているマウスウォッシュは刺激が強く、かえって口の中を乾燥させ歯の黄ばみや口臭を強くしてしまう恐れもあります。

「ピリピリとした刺激や痛みが苦手」
「口臭だけではなく歯の黄ばみも気になる」
という方はぜひ刺激の少ないノンアルコールタイプのマウスウォッシュを選んでみてくださいね。

刺激の少ないWHITENING CAFE homeの「マウスウォッシュ」で口臭ケア

刺激の少ないノンアルコールタイプのマウスウォッシュなら、WHITENING CAFE homeから新たに登場した液体歯磨タイプの「マウスウォッシュ」がおすすめです。

毎日使用するものだからこそ、安心安全な成分にこだわり7つのフリーを実現しました。

①合成甘味料フリー
②合成着色料フリー
③動物性原料フリー
④紫外線吸収剤フリー
⑤サルフェートルフリー
⑥鉱物油フリー
⑦アルコールフリー

一般的なマウスウォッシュのように薬用成分を含まないため、妊娠中の方やお子さまでも安心してご使用いただけます♪

大切な人と会う前の口臭ケアに、オフィスでのリフレッシュに、低刺激性のマウスウォッシュで爽やかな息を手に入れませんか?

WHITENING CAFE homeマウスウォッシュはコチラ

コラム監修:菊地ありさ
コラム監修:菊地ありさ

北海道歯科衛生士専門学校卒業

歯科衛生士として一般歯科に勤務したのち、
ワーキングホリデーでカナダの歯科クリニックで歯科助手も経験。

2020年7月〜ホワイトニングカフェ札幌駅前店に勤務。

店舗案内

歯ぴ太郎による歯の黄ばみ度診断
LINEで無料簡単1分歯の黄ばみ診断 新規のお客様限定初回分0円キャンペーン