全国43店舗展開中

ホワイトニングの自然な白さってどれくらい?白い歯の持続方法は?

更新日:2022年01月13日/ 公開日:2022年01月12日

ホワイトニングをしたいと考えている方の中には、歯が白くなりすぎると不自然に見えそうで迷っているという方もいるのではないでしょうか?

今回は、
ホワイトニングをした時の自然な白さがどれくらいなのか
・ホワイトニング後の自然な白さをキープするにはどうすればいいのか
などといったことについてご紹介します。

これからホワイトニングで自然な白さの歯を手に入れたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ホワイトニングの自然な白さってどれくらい?白い歯の持続方法は?

ホワイトニングで自然な白さの歯を目指せる?

歯の色を見比べる女性

みなさんの中にはホワイトニングをしてみたいけど、自然な白さの歯を手に入れられるのか気になるという方もいるのではないでしょうか?

結論からいうとホワイトニングは、理想の色味に合わせて白くしていくので自然な白さの歯を目指すことは可能です。

では、自然な白さ・不自然な白さの目安としては、どれくらいなのでしょうか?

「自然な白さ」の目安はどれくらい?

ホワイトニングでは、「シェードガイド」という歯の白さを数値化したものを使って歯の色を測り、理想の白さへと近づけていきます。

シェードガイドでは「S2〜S40」までの数値が記載されており、数字が小さいほど白く、大きいほど黄色くなり、日本人の歯は少し黄色みのある白さをしているケースが多いです。

そのためホワイトニングケアをしていない日本人の平均の歯の白さは「S30〜S32」といわれていますが、ホワイトニングで自然な白さの歯を目指すのであれば「S12〜S14」前後が1つの目安となります。

「不自然な白さ」の目安はどれくらい?

ホワイトニングで自然な白さを目指したいならS12〜S14前後が目安となりますが、S12以下だと真っ白な歯になるため人によっては違和感を覚える場合もあるでしょう。

反対にS30以上は、「歯が黄ばんでいる」という印象を与えてしまいますので、少なくともS30以下の色味を目指したいところです。

芸能人レベルの白さを目指すならホワイトニング以外の方法もある

ホワイトニングでは、S12〜S14よりも白い歯を目指すことができ、芸能人レベルの白さを手に入れたいのであればラミネートベニアやセラミッククラウンといった方法もあります。

ラミネートベニアやセラミッククラウンは、歯を削って行う必要があるといったデメリットがありますが、歯の色や形を理想の状態に近づけることが可能です。

ホワイトニング後の自然な白さをキープする方法は?

歯磨きをする男性

ホワイトニングの効果は永久的ではないので、ホワイトニングで自然な白さの歯を手に入れたとしても、時間経過とともに徐々に色戻りしていきます。

そのためホワイトニング後に自然な白さをキープするためには、定期的にケアやメンテナンスを行わなければいけません。

では歯の白さをキープするには、どういった方法があるのでしょうか?

定期的にサロンでセルフホワイトニングを行う

ホワイトニングで自然な白さを手に入れたあとも、普段の生活の中で食事による着色や喫煙による歯の黄ばみなどで少しずつ歯が汚れていきますので、効果を持続させるためには定期的にサロンでホワイトニングを行うことをおすすめします。

サロンで集中的に歯の表面に付着した着色汚れを落としたあとは、大体1〜3ヶ月の間にメンテナンスを行なっていただければ効果をキープすることが可能です。

サロンケアだけでなくホームケアを併用する

普段からコーヒーなどの着色しやすいものをよく口にする方や喫煙されている方は、サロンケアだけでなくホームケアを併用することで効果を維持することができます。

自宅で行えるセルフケア方法やおすすめのホワイトニンググッズについては、以下のページで詳しくご紹介していますので、気になる方はぜひご一読ください。

習慣的にこまめなデンタルケアを行う

日頃の食事や喫煙による着色汚れを予防するためには、習慣的にこまめなデンタルケアを行うことがとても大切です。

ただ歯磨きをするのではなく、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使ってケアしていくようにしましょう。

以下のページでは、正しい歯磨き方法やオーラルケアにおすすめのアイテムなどについてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ホワイトニングカフェなら自然な白さの歯を目指せる!

自然な歯の白さの女性

歯の黄ばみに悩んでいる方や自然な白さの歯を手に入れたいと考えている方は、セルフホワイトニング専門サロンのホワイトニングカフェがおすすめです。

ここからは、ホワイトニングカフェで自然な白さを目指せる理由やおすすめポイントについてご紹介していきます。

歯表面の着色汚れを落とすから歯本来の白さを取り戻せる

ホワイトニングカフェのホワイトニングは、歯の表面に付着している着色汚れを落としていく方法なので、歯本来の自然な白さを取り戻すことが可能です。

またホワイトニングに使用するホワイトニング溶液は、食品などにも使われている成分を使用していますので安全性が高く低刺激で痛みもありません

オリジナルホームケア商品で自然な白さをキープできる

ホワイトニングカフェで自然な白さの歯を手に入れたあとは、ご自宅でもケアを行なっていただくことで効果をキープすることができます。

ホワイトニングカフェでは、ホームケア用のアイテムとしてオリジナル商品の「WHITENING CAFE home」を販売しており、効果的にケアしていただくことが可能です。

WHITENING CAFE homeの歯磨き粉にはヒドロキシアパタイトとポリリン酸という成分を配合しており、着色汚れを落としながらコーティングしてツルッとした表面に仕上げてくれるので汚れがつきにくい歯にすることができます。

もう1つWHITENING CAFE homeのマウストリートメントは、歯磨き後のケアとしてお使いいただけ、エナメル質の傷を修復し透明感のある白さと輝きを手に入れられるだけでなく、虫歯・歯周病予防にも効果的です。

「Whitening Cafe home」の詳細はこちら

正しい知識を持ったスタッフがサポートしてくれる

ホワイトニングカフェは、ご自身でケアを行なっていただくセルフ形式のホワイトニングサロンですが、初めての方にとってはどうすればいいか分からず不安に感じることもあるのではないでしょうか?

ホワイトニングカフェでは、歯科衛生士監修の正しい知識を持ったスタッフが効率の良いホワイトニング方法や通い方などの提案・サポートを行なっていますので、初めての方でも安心してご利用いただくことが可能です。

もちろん歯の白さを維持するために、効果的なホームケア方法についてもアドバイスさせていただいているなど、気になることがあれば気軽に相談できる体制が整っています。

ホワイトニングの自然な白さの目安と持続方法まとめ

ホワイトニングをする際は、まず歯の白さをS2〜S40で数値化した「シェードガイド」を用いて歯の色を計測し、現状の色味や理想の歯の白さを調べるのが一般的です。

ホワイトニングをしたことのない日本人の平均的な歯の白さはS30前後で、ホワイトニングにおける自然な白さの目安はS12〜S14前後となっています。

S12以下だと芸能人のような真っ白な歯に近づけることができ、反対にS30以上だと黄ばんだ印象を与えてしまいかねません。

自然な白さを手に入れるためには、サロンでホワイトニングを受けるだけでなく定期的なメンテナンスや習慣的なデンタルケアが大切です。

ホワイトニングカフェでは、歯表面に付着した着色汚れを落として自然な白さの歯へと導くことが可能ですので、歯の黄ばみが気になる方はぜひご利用ください!

初めてのホワイトニングならホワイトニングカフェで♪

初回限定キャンペーン

ホワイトニングカフェは、年間5万人以上の方にご利用いただいており、さまざまな理由から高評価をいただいております。

ホワイトニングカフェが多くの方から人気を集めている理由としては、以下のようなものが挙げられます。

①低刺激なホワイトニング溶液を使用しているから痛くない
②1回2,980円〜と低価格で利用できる
③歯表面の着色汚れを落とすから自然な白さを手に入れられる
④施術にかかる時間が最短30分とスピーディ
⑤施術後に食事制限や禁煙の必要がない

痛みがなく食事制限なども不要ということに加えて、低価格でチャレンジできるのでホワイトニング初心者にもおすすめです。

また今なら初めての方限定で「Wホワイトニング1回4,980円」が初回分0円になるキャンペーンを実施しておりますので、この機会にぜひホワイトニングカフェをご利用ください!

お近くの店舗はこちら

コラム監修:菊地ありさ
コラム監修:菊地ありさ

北海道歯科衛生士専門学校卒業

歯科衛生士として一般歯科に勤務したのち、
ワーキングホリデーでカナダの歯科クリニックで歯科助手も経験。

2020年7月〜ホワイトニングカフェ札幌駅前店に勤務。

店舗案内

歯ぴ太郎による歯の黄ばみ度診断
LINEで無料簡単1分歯の黄ばみ診断 新規のお客様限定初回分0円キャンペーン